美術館からのお知らせMuseum News & Topics

【3月11日(土)より、2017年春展開始!】

3/11(土)より、企画展「平山郁夫 出雲路古代幻想」が始まりました。

本展では、平山郁夫の大作「八雲立つ 出雲路古代幻想」をはじめ、その大作が生まれる背景となった「出雲路」のスケッチや素描を軸として、平山郁夫が描き出したみずみずしい日本の風景や、いにしえの日本を描いた作品の数々をご紹介いたします。

なお、隣接するフレンチレストラン「亜絲花」はただ今休業中で、3/11(土)もお休みとなります。今しばらくお待ち下さい。

release 2017.03.08

平山郁夫「サイード・ジャマルディーン勲章」伝達式が行われました。

平山郁夫の文化財保護活動の功績が称えられ、アフガニスタンの科学・文化分野の最高勲章「サイード・ジャマルディーン勲章」が、アフガニスタン政府大統領より授与されました。

3月11日(土)14時に開催したシンポジウムにおいて、その伝達式が行われ、平山美知子館長に手渡されました。

release 2017.02.16

アフガニスタン国立博物館にて「アフガニスタン流出文化財帰国展」開催!

2001年アフガニスタンのバーミヤン大石仏破壊をきっかけに、平山郁夫は内戦の混乱の中、アフガニスタンから海外に流出した文化財の保護を国際社会に訴え「流出文化財保護日本委員会」を設立しました。その後102点の文化財を保管していましたが、昨年8月にアフガニスタンに返還されました。

返還された文化財を紹介するため、2月13日から首都カブールにある国立博物館で初めての展覧会が開催されています。

《下記リンク:2/14のNHKニュース》

release

音声ガイドの導入(日本語のナビゲーターは女優の真野響子様)

2016年3月より、音声ガイドの貸出を行います。
言語は、日本語・英語・中国語の三カ国語をご用意致しました。
日本語のナビゲーターは、女優の真野響子さんです。
貸出可能数は25台。貸出料は500円/1台です。※団体によるご利用の際は、事前にご予約下さい。

release 2016.03.08

追悼 平山郁夫特別展示 「平山郁夫 最期の風景」

展示室5にて継続展示中!

平山郁夫

現代日本画壇を代表する画家であり、財団法人平山郁夫シルクロード美術館理事長であった平山郁夫は、平成21年12月2日、永眠いたしました。享年79歳でした。
当美術館では故人を偲び、最期の生命の波動を伝える一室を継続して設けます。平山郁夫は病室とアトリエを往復する生活の中で、死の直前まで懸命に制作に取り組んでおりました。
次回の春の院展の準備として病室で描いた窓越しのスケッチ、 アトリエに残された下図、日常の画材などを展示し、平山郁夫の最期の時間と風景を皆様にお伝えしたいと思います。

これまでのお知らせ

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、年末、冬季(1月中旬~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。