展覧会とイベントExhibitions & Events

  • 現在開催中の展覧会・イベント
  • これから開催する展覧会・イベント

過去の展覧会・イベントのご紹介

平山郁夫コレクション 企画展 『煌めく布-金更紗と金糸織』展

2016年3月12日(土)~6月21日(火)【会期中は休館日なし】

煌めく布

光り輝く「金」は、世界のあらゆる民族の美術工芸において、特別なものとして、古来より用いられ、人々を魅了 してきました。本展では、染織芸術において、世界的評価の最も高いとされるインド、インドネシアの「金の布」 を展観し、繊細かつ大胆な金の魅力をご覧いただきます。
また、一部コーナー展示として1962(昭和37)年、 平山郁夫が32歳のときのヨーロッパ留学でのスケッチを絵巻物に仕立てた「欧州写生絵巻」(全19巻)のうち フランスを描いた3巻を公開します。

◇主な出品予定作品

  • 1.クリシュナ図描絵金更紗/18世紀・インド
  • 2.茶地縞織地霊船文様ミラー刺繍/20世紀 インド
  • 3.絹地花格子文様金糸入紋織/20世紀 インド
  • 4.花唐草文様金更紗/18世紀・インド
  • 5.欧州写生絵巻13巻/3月24日フランス山奥の村
  • 6.欧州写生絵巻13巻/昭和38年3月21日 フランス ショービニーの街並み

緊急企画 流出文化財返還記念 『アフガニスタンと平山郁夫』展

2016年3月12日(土)~6月21日(火)【煌めく布展と同時開催!】

アフガニスタンと平山郁夫

今年の1月から6月にかけて、九州国立博物館と東京国立博物館(表慶館)で、巡回開催される 特別展「黄金のアフガニスタン-守りぬかれたシルクロードの秘宝-」では、アフガニスタン国立 博物館に秘蔵されていた、美しい古代の黄金製品が紹介され、大きな話題となっています。同 展では、平山郁夫が提唱し、日本で「文化財難民」として保護された「アフガニスタン流出文化財」(全102件のうち15件)も特別出品され、これを機に「流出文化財」がアフガニスタン政府に返 還されることが決まっています。

これまで平山郁夫の遺志を継ぎ、「流出文化財」を一部保管してきた平山郁夫シルクロード美術 館(山梨県北杜市)でも、これにあわせ、アフガニスタンにおける平山郁夫の軌跡をたどる緊急企 画を開催することとなりました。平山郁夫が1968年にはじめてアフガニスタンを訪問したときの貴重 なスケッチ記録や、バーミヤンの大石仏が破壊された直後に描いた《バーミヤン大石仏を偲ぶ》 (2001年)、荒廃した同地を再訪したときの記録映像などともに、アフガニスタンの復興支援と文化 財保護活動を展開し画家の足跡をたどります。

【特別協力】

  • 東京国立博物館
  • 流出文化財保護日本委員会
  • 東京藝術大学アフガニスタン特別企画展実行委員会
  • 産経新聞社

*東京国立博物館(表慶館)にて開催される特別展「黄金のアフガニスタン-守りぬかれたシルクロードの秘宝-」 4月12日(火)~6月19日(日)に入場されたお客様は、入場チケット半券のご提示により300円引きとなります。

見どころ解説!「煌めく布」展関連企画

学芸員による解り易い解説!

平山郁夫

現在開催中の「煌めく布-金更紗と金糸織-」展のみどころを画像を見ながらわかりやすく解説します。この機会にぜひご参加ください。

日程

  • ① 4月16日(土) 14:00~
  • ② 5月21日(土) 14:00~
  • ③ 6月11日(土) 14:00~
  • ◆場所 平山郁夫シルクロード美術館 ※2階ラウンジにお集まりください。
  • ◆講師 当館学芸員
  • ◆所要時間約40分
  • ◆申込み不要・参加費無料(入館料が別途必要です)
外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、年末、冬季(1月中旬~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。