最新情報News & Topics

3/10~)2018年 春季企画展「平山郁夫 奥の細道 東北を描く」

2018_okunohosomichi

 

・展覧会名称:「平山郁夫 奥の細道 東北を描く」展

・会期:2018年3月10日(土)~2018年9月11日(火) (会期中は休館日なし)

・概要:平山郁夫が東北の地に訪れたのは、1959年、東京芸術大学の副手の頃です。当時は被爆による後遺症で悩み、体調も思わしくありませんでした。そうした状態の中で目にした奥入瀬渓流について、画家は「生きる喜びを心から教えてくれた」と言います。これ以降、平山は東北に惹かれて何度か取材旅行を行い、平成に入る頃には俳聖の松尾芭蕉を偲んだ≪奥の細道≫という素描シリーズを発表し、金華山や立石寺などを描きました。この他にも中尊寺や毛越寺を描いた≪平泉≫の素描を発表するなど、画家にとって東北は思い入れのある場所でもありました。本展では、これら東北の素描作品と共に、当館の誇る大作≪流水間断無(奥入瀬渓流)≫をあわせてご紹介いたします。

 

・主な展示作品(予定)

①《流水間断無(奥入瀬渓流)》 1994年 171.0×727.2cm 当館所蔵

②《十和田湖畔 秋》 1955年頃 50.5×51.5㎝ 当館所蔵

③《金華山朝陽》1997年45.5×60.5cm 個人蔵

④《奥州一の宮 塩竈神社本殿》1997年45.5×60.5cm 個人蔵

⑤《羽黒山神社 五重塔》1997年45.5×60.5cm 個人蔵

⑥《中尊寺 金色堂》2000年45.5×60.5cm  個人蔵

⑦《毛越寺庭園》2000年45.5×60.5cm  個人蔵

その他、平山郁夫の東北関連スケッチブック・資料など 当館所蔵

・会場:平山郁夫シルクロード美術館

・主催:公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館

release 2017.10.31

ニュース一覧

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、冬季(年末~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。