平山郁夫についてProfile

平山 郁夫 HIRAYAMA IKUO

平山郁夫

昭和5年(1930)6月15日,広島県に生まれる。
東京美術学校(現:東京芸術大学)日本画科卒業。
東京芸術大学美術学部教授・学部長・学長を歴任。
ユネスコ親善大使を務める一方で、創作活動に従事。
平成21年12月2日永眠(満79歳)。

平山郁夫とシルクロード

1966年,現在のトルコ共和国の地に入り,ビザンチン時代の石窟教会に残る壁画を模写。シルクロード関係国に足を踏み入れた最初であった。同年,消失した法隆寺金堂壁画の再現模写のメンバーに選ばれたことをきっかけに,その源流といわれるアフガニスタンのバーミヤン石窟寺の壁画を訪問・取材。以後,中国,中央アジア,西アジア諸国に取材し,シルクロードとの関わりは益々深く強くなっていった。

「私がシルクロードを歩くようになったのは,日本文化の始まりである仏教伝来の道をたどることが目的」だったという平山画伯は,「仏教伝来」をはじめ,「玄奘三蔵への道」「アレクサンダーの道」シリーズなど,シルクロードと関わりの深い作品を数多く残している。

平山郁夫シルクロード取材年譜

1966年6月~10月
トルコ・カッパドキア等の遺跡
1968年7月~8月
アフガニスタン ・ 中央アジア(タシケント・サマルカンド)
1969年12月~'70年1月
インド・スリランカ・カンボジアの仏跡
1970年12月~'71年1月
イラン・イラク
1971年11月
韓国・百済の武寧王(ぶねいおう)陵発掘品を見学
   12月~'72年1月
レバノン・ヨルダン・シリア・イラク
1973年5月~6月
アフガニスタン・カーブル、 トルコ・イスタンブール
   7月~8月
イタリア・アッシジ
1974年9月
アフガニスタン・パキスタン
   12月
インド各地の仏跡
1975年6月
中国・北京、大同、上海、西安
   7月
中国
1977年4月
トルコ,中国・北京,チベット
1978年8月~9月
中国・新彊ウイグル自治区
1979年3月
ギリシア・アテネ
   9月
中国・敦煌莫高窟(とんこうばっこうくつ)
   12月
パキスタン
1980年12月~'81年1月
インド
1981年7月
インド・ラダック地方,カシュミール
   9月
中国・新疆ウイグル自治区
   12月~'82年1月
ヒマラヤ
1982年3月
中国・雲崗(うんこう)石窟,龍門石窟など
   7月
パキスタン,カラコルム・ハイウェイ
   12月~'83年1月
ラダック地方,カシュミール
1983年7月
ラダック地方,カシュミール
   9月
中国・敦煌莫高窟
   12月~'84年1月
中国
1984年9月
中国
   3月
インドネシア・ジャワ
1985年3月
インド・ラジャスタン
   9月
中国・敦煌莫高窟
1986年9月
中国・タクラマカン砂漠,楼蘭(ろうらん)遺跡
   12月
インド各地の仏跡
1987年2月
タイ,シンガポール
   9月
中国・敦煌莫高窟
1988年9月
中国・敦煌莫高窟,河西回廊
   12月
インド
1989年9月
デンマーク,オランダ,ベルギー,西ドイツ,フランス
   11月
中国・新彊ウイグル自治区,楼蘭遺跡
1990年9月
モスクワ
   12月~'91年1月
インドネシア・ボロブドール遺跡
1991年4月
カンボジア・アンコール遺跡
1993年3月~4月
ポーランド,ロシア
   12月~'94年1月
エジプト,バーレーン
1994年8月
敦煌
   11月
カンボジア・アンコール遺跡
1995年1月
中国・南京
   3月
イスラエル
1996年6月
中国・北京,洛陽,西安,敦煌
1997年1月
中国
   2月
インド南部
   6月
中国・青海省,寧夏回族(ねいかかいぞく)自治区など
   10月
北朝鮮・高句麗古墳の学術調査
1998年5月
中国・北京,西安,内蒙古自治区
   9月
ウズベキスタン
2001年12月
インド
2002年4月
中国・北京,北朝鮮・平壌

平山郁夫作品

平山郁夫がシルクロードに足を踏み入れたのは、1968(昭和43)年、仏教伝来の源流を訪ねてアフガニスタンから中央アジアを巡った旅が最初でした。以来40年、平山郁夫のシルクロードの旅は続いています。

玄奘三蔵がこの道を通っていったことからもわかるように、シルクロードは東西の交易の路であるとともに、それぞれの文化が行きかう交流の路でもありました。その道なき道には、文化の繁栄を支えた人びと一人一人の想いが深く刻まれています。平山は、そうした名もない人びとの想いの積み重ねが文明や歴史を形づくると考え、荒れ果てた砂漠や遺跡に人間の痕跡を探し求めてはシルクロードに取材した作品を繰り返し描いているのです。
その集大成ともいうべき作品群が連作「大シルクロード」です。昇りくる朝の太陽が照りつける中、あるいは月明かりの下、砂漠をひたすら往くキャラバン―それは平山郁夫が憧憬してやまないシルクロードと、国境や民族を越え、さらには時空をも越えた人びとの交流の象徴でもあります。

平山郁夫収蔵作品
・平壌牡丹七星門
本画30号 2001年
・普賢寺のガイド嬢
本画10号 2001年
・オペラ歌手
本画10号 2001年
・八雲立つ 出雲路古代幻想
本画6曲 1998年
・砂漠行くキャラバン(右隻)東(太陽)
本画4曲 2005年
・砂漠行くキャラバン(左隻)西(月)
本画4曲 2005年
・古城(ジャイサルメール・インド)
本画4曲 2005年
・小泉富士
本画30号 2005年
・西陣山口扇(99歳)
本画30号 2004年
・浄花白川女
本画30号 2004年
・浄花白川女 母娘
本画30号 2004年
・槇尾 西明寺の秋
本画30号 2004年
・北山への道
本画30号 2004年
・京都御所本宜秋門
本画30号 2004年
・修学院桂離宮寿月観
本画30号 2004年
・修学院桂離宮浴龍池
本画50号 2004年
・白壁二条城
本画30号 2004年
・流水無間断
本画12曲 1994年
・平成の洛中洛外(右隻)
本画4曲 2003年
・楼蘭遺跡を行く・日
本画4曲 2005年
・楼蘭遺跡を行く・月
本画4曲 2005年
・浄土幻想 日野法界寺
本画100号 2004年
・浄土幻想 宇治平等院
本画100号 2004年
・パルミラ遺跡を行く・朝
本画4曲 2006年
・パルミラ遺跡を行く・夜
本画4曲 2006年
・平成の洛中洛外(左隻)
本画4曲 2004年
・霊峰黄山煙雨
本画50号 2006年
・敦煌石窟九層楼
本画50号 2007年
・北京大運河 十三層の塔 遼時代
本画20号 2007年
・モンゴルの草原
本画50号 2007年
・アフガニスタンの砂漠を行く
本画50号 2007年
・タジマハール インド
本画20号 2007年
・東大寺大仏殿
本画20号P 2007年
・神峰黄山雲海図
本画4曲 2006年
・アフガニスタンの砂漠を行く・日
本画4曲 2007年
・アフガニスタンの砂漠を行く・月
本画4曲 2007年
・フォロロマーノ 古代ローマの遺跡
本画4曲 2008年
・朧月夜 ブルーモスク イスタンブール
本画50号 2007年
・大同江
本画30号 2001年
・古代ローマ遺跡 エフィソス トルコ
本画8曲 2007年
・トムシュクの遺跡
本画30号 2007年
・シャーモスク イスファハーン
本画20号 2007年
・モンゴル草原を行く
本画20号 2007年
・海のシルクロードを行く
本画20号 2007年
・法輪寺の森
本画20号 2007年
外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、年末、冬季(1月中旬~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。