最新情報News & Topics

北杜市民特別ご招待のお知らせ(12/10~12/24)

北杜市内にある3つの美術館は、「こころ豊かな暮らしと文化の薫り高いまちづくり」を提唱する北杜市に協賛し、下記の期間、北杜市民の皆様を無料でご招待します。北杜市民であることがわかるものをお持ちになりご来館下さい。なお、3館 …

→記事を読む
休館日のお知らせ

※2016年度の年末・冬季休館期間は、下記の通りです。 ・年末:2016年12月25日(日)~12月31日(土) ・冬季休館:2017年1月10日(火)~3月10日(金)   また、今年度より火曜日の定休日が無 …

→記事を読む
音声ガイドの導入(日本語のナビゲーターは女優の真野響子様)

2016年3月より、音声ガイドの貸出を行います。 言語は、日本語・英語・中国語の三カ国語をご用意致しました。 日本語のナビゲーターは、女優の真野響子さんです。 貸出可能数は25台。貸出料は500円/1台です。※団体による …

→記事を読む

現在開催中の展覧会・イベントExhibitions Information

最新情報は、facebook / Twitterでもご確認いただけます

平山郁夫絵画 特別企画展 『平山郁夫 道遥か』

2016年6月25日(土)~2017年1月9日(月)【会期中、年末休館(12/25~31)を除き無休!】

平山郁夫

日本画壇に数々の業績をのこした平山郁夫(1930-2009)。出世作の《仏教伝来》以来、仏教東漸の道と日本文化の源流を求めて 40年以上にわたり、シルクロードへの取材を重ね、壮大なロマンに溢れる数多くの作品を描きました。その一方で、 戦乱や盗掘などで失われていく文化財を守るため、多くの人々に呼びかけ、敦煌(とんこう)やアンコールワット、 アフガニスタン、イラク、朝鮮半島などで文化財保護活動の先頭に立ってきました。しかし、シルクロード沿道諸国では、 いまなお激しい紛争が続き、遺跡や文化財に対する破壊行為が行われています。
本企画では、あらためて平山郁夫の足跡と文化遺産保護活動の大切さを振り返り、 自らの半生を絵にした自伝的素描シリーズ《道遙か》、初期の傑作《行七歩》(1962年 平山郁夫美術館所蔵)や 当館秘蔵の若き日のスケッチや習作など約60点により、その画業を回顧します。

【主な出品作品】

  • 《行七歩》 (平山郁夫美術館所蔵 1962年)
  • 《道遙か》シリーズ (当館所蔵 1991年 全28点)
  • 《祈りの行進・聖地ルルド・フランス》 (当館所蔵 2008年)
  • ほか、平山郁夫によるアフガニスタン素描、スケッチ など約60点

【主催】:平山郁夫シルクロード美術館、山梨日日新聞社・山梨放送

企画展『シルクロードのワインと葡萄』

2016年9月24日(土)~2017年1月9日(月)【道遥か展と同時開催!】


文化講演会

◆山梨県立博物館企画展「葡萄と葡萄酒」 協賛企画

古代メソポタミアからペルシア、ギリシア、ローマ世界、そしてシルクロードを通じて中央アジア、中国へとひろまったワイン文化。もともとワインは、祭礼や祈りの場、饗宴で用いられる神聖な飲み物でした。本展は当館のシルクロードコレクションから、ワインを飲むための酒器、銀器やリュトン、ガラスの酒杯など約30点を展示します。平山郁夫が1978年にトルファン(中国 新彊ウィグル自治区)を訪問して描いた素描「トルファンの葡萄」、扇面画「西域の葡萄」もあわせて展示いたします。

なお、山梨県立博物館で開催される 企画展「葡萄と葡萄酒」10月8日(土)~11月28日(月)に入場されたお客様は入場チケット半券のご呈示により入館200円引きになります。

【主な出品作品】

  • ○青銅製水差し アフガニスタン 前2世紀
  • ○ディオニュソス酒盃 ギリシア 前6世紀
  • ○木蔦文酒盃(スキュフォス) 1世紀 ローマ
  • ○花喰鳥文鍍金銀盃 ペルシア 5-7世紀

【主催】:平山郁夫シルクロード美術館、山梨日日新聞社・山梨放送

これから開催する展覧会・イベントScheduled Exhibitions

-姜 暁艶 二胡 コンサート-
「シルクロードの調べ」 開催!

12月3日(土)【場所:平山郁夫シルクロード美術館 2階大展示室】


二胡コンサート

中国生まれの二胡奏者/姜暁艶が平山郁夫の命日(12月2日)を記念してシルクロード音楽のコンサートを行います。美術館で開催している特別企画展「平山郁夫 道遥か」展と共にお楽しみ下さい。

◆イベント名 姜暁艶 二胡 コンサート-シルクロードの調べ
◆開催日 12月3日(土)
◆時間 開場13:30 開演14:00
◆会場:平山郁夫シルクロード美術館 2階大展示室
◆参加無料(ただし入館料一般1200円、高大学生800円が必要です。中学生以下は無料。)
◆定員:120名(先着順)
[ 主催・お問合せ先 ] 平山郁夫シルクロード美術館 TEL:0551-32-0225

2016年度 展覧会関連事業 ギャラリートーク(見どころ解説)
特別企画展「平山郁夫 道遥か」連続企画

みどころ解説開催!

みどころ

イベント名
展覧会みどころ解説
開催日
12月17日(土)
時間
各回14時~
場所
平山郁夫シルクロード美術館 2Fカフェ「キャラバンサライ」
参加費
無料(申込不要、入館料が別途必要です)
講師
当館学芸員

 現在開催中の特別企画展「平山郁夫 道遙か」では、平山郁夫の若き日の軌跡に焦点をあて、自らの半生を絵にした自伝的素描シリーズ《道遙か》、初期の傑作《行七歩》や習作など約60点の作品を展示しています。
 「展覧会みどころ解説」では、本展のみどころをスライド等を用いながらお話しいたします。当館学芸員ならではの作家や作品にまつわるエピソードを交えながら、分かりやすくご案内いたします。この機会にぜひご参加ください。(なお、館内の状況により、スライドトークからギャラリートークに変更する場合もあります。ご了承下さい。)

過去の展覧会・イベント

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、年末、冬季(1月中旬~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。