最新情報News & Topics

化石発掘体験2017 予約状況(5/25時点)

今年も「化石発掘体験」の申し込みを大変多く頂いております。 随時予約状況を掲載して参ります。特に土日に集中している状況です。 ご予約はお早めにお願い致します。   《満員御礼》 ・7/15(土)①10:30の部 …

→記事を読む
館内における写真撮影の決まりが変わりました!

当館では平成29年5月1日(月)より、館内における写真撮影の決まりが変わりました。 平山郁夫絵画の撮影も許可することとなり、当館が所蔵する作品については、全面的に撮影が可能です。 ただし、他のお客様のご迷惑になる行為はお …

→記事を読む
Cafe「キャラバンサライ」 営業再開のお知らせ!

冬期休業していた、美術館2Fのカフェ「キャラバンサライ」が、4/29(土)より営業を再開します。 甲斐小泉駅側から、自由に出入りが可能(入館料不要)なカフェです。美術館にご来館された際だけでなく、甲斐小泉駅ご利用の際の待 …

→記事を読む
外部展覧会>富山市立ガラス美術館にて開催!

当館が所蔵するシルクロードの精華ともいうべきガラスの名品約350点、及び平山郁夫の絵画約40点を、富山市ガラス美術館にて展示します。平山郁夫が描くシルクロードの幻想世界をガラスの名品とともにご堪能下さい。   …

→記事を読む
【3月11日(土)より、2017年春展開始!】

3/11(土)より、企画展「平山郁夫 出雲路古代幻想」が始まりました。 本展では、平山郁夫の大作「八雲立つ 出雲路古代幻想」をはじめ、その大作が生まれる背景となった「出雲路」のスケッチや素描を軸として、平山郁夫が描き出し …

→記事を読む

これから開催する展覧会・イベントScheduled Exhibitions

最新情報は、facebook / Twitterでもご確認いただけます

7/17 講演会「解剖学者、美と不思議を求めて」開催のお知らせ

2017年7月17日(月・祝)14:00~15:30


イベントチラシ

このたび平山郁夫シルクロード美術館では「化石発掘体験2017」に関連し、
解剖学者の遠藤秀紀さんをお招きして講演会を開催します。

◎日時:2017年7月17日(月・祝)14:00~15:30
◎場所:平山郁夫シルクロード美術館2F 展示室6
◎申し込み不要・参加費無料(入館料が別途必要です) ※当日参加も可能です。

《講師プロフィール》
遠藤秀紀(えんどうひでき):東京大学総合研究博物館教授。1965年東京都は上野の生まれ。「遺体科学」を提唱。大量の動物死体を集めて解剖し、身体の美を感じながら、進化の歴史を探っている。現代社会の死生観、生命観を斬りつつ、いまを生きる。著書に、「東大夢教授」(リトルモア)、「人体失敗の進化史」(光文社新書)、「パンダの死体はよみがえる」(ちくま文庫)など。

夏期 特別企画展 『雲母 Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス』

2017年7月22日(土)~9月18日(月・祝) ※会期中無休

展覧会イメージ

国内外でも広く知られる当館所蔵のガラスのコレクション約250点を展示。
3000年におよぶガラスの歴史と、その驚くべき“超絶”技法とともにご紹介いたします。

このたび、平山郁夫シルクロード美術館では、 2017年夏期特別企画展として「雲母Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス」展を開催する運びとなりました。数千年の時を重ねた古代ガラスの煌めきは、人類の叡智と美の追求の結晶です。古代、西アジアで発明されたガラスは、当時のハイテク新素材であり、交易の人気商品として西へ東へもたらされました。このシルクロードの精華ともいうべきガラスの名品約250点を展示します。

《開催概要》
 名 称 :雲母 Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス展
 会 期 :2017年7月22日(土)~9月18日(月・祝) ※会期中無休 
 会 場 :平山郁夫シルクロード美術館
 主 催 :公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館
 総合監修:宮廻 正明(東京藝術大学大学院教授、社会連携センター長)
 協 力 :富山市ガラス美術館、東京藝術大学社会連携センター(予定)
      ※富山市ガラス美術館(4/15~7/9開催)との巡回展です。

●学芸員による見どころ解説
 日 時:8/19(土)、9/16(土) いずれも第3土曜日 14時より

大好評!『化石発掘体験2017』開催のお知らせ!

開催日:7/15(土)~7/16(日)プレ開催、7/23(日)~8/6(日) ※水曜日(7/26、8/2)は休み


イベントチラシ

《早稲田大学国際教養学部平山廉教授が岩手県久慈市で調査中の地層を特別搬入》

 昨年、大好評をいただいた化石発掘体験をさらにスケールアップして実施します。早稲田大学が2012年より発掘調査を行っている岩手県久慈市より約9千万年前(中生代白亜紀)の地層を美術館に運んで化石や琥珀を探してもらいます。昨年の化石発掘体験では恐竜(竜脚類)、首長竜やワニ、サメの歯、カメの甲羅、それにコプロライト(糞の化石)など200点を超えるプレミア化石が見つかりました。中には新種になりそうな動物もありました。今年はどんな化石が皆さんを待っているでしょうか?今から楽しみです!!

 開催日:7/15(土)~7/16(日)プレ開催、7/23(日)~8/6(日) ※水曜日(7/26、8/2)は休み
 時 間:①10時30分~、②13時~、③15時~
 定 員:各回40名(土・日は50名)
 内 容:各回約1時間15分、はじめ10分はレクチャー
 持ち物:軍手、日よけのための帽子
 講 師:平山廉(早稲田大学教授)、渡部真人(早稲田大学講師)、大倉正敏(日本古生物学会)
 場 所:美術館 屋上らくだ公園 ※雨天決行(JR甲斐小泉駅前)
 体験料:一般・・・1,200円(美術館の入館券込)、中学生以下・・・500円 中学生以下美術館入館無料
 申込期間:5月8日(月)~7月7日(金)
 申込方法:平山郁夫シルクロード美術館 ☎0551-32-0225(受付10:00~17:00)
      またはFAXで ①名前 ②連絡先 ③人数 ④年齢 ⑤住所 ⑥希望日時をお知らせ下さい。

 主 催:平山郁夫シルクロード美術館
 協 力:早稲田大学国際教養学部平山廉研究室、久慈琥珀博物館、東京大学理学部遠藤秀紀研究室、
     大阪市立自然史博物館、滋賀県立琵琶湖博物館
 後 援:山梨県教育委員会、北杜市教育委員会、山梨日日新聞社・山梨放送

夏休み特別コーナー展示『頭の不思議』展 開催のお知らせ!

開催日:7/15(土)~8/31(木) ※会期中無休


イベントチラシ

<<日本初公開!シモスクスの頭骨を展示!>>
 恐竜から人間にいたるまで様々な動物の頭骨を展示して頭や歯のもつ多様性や造形美に迫ります。頭の形から食性などの習性や知能など様々なことが見えてきます。日本初公開の標本もありますので楽しみにしてください。10分ほどの展示解説ビデオを上映します。また久慈市で昨年3月に初めて見つかった肉食恐竜の歯を特別公開します。

 開催日:7/15(土)~8/31(木) ※会期中無休
 会 場:平山郁夫シルクロード美術館 2Fカフェ
 主 催:平山郁夫シルクロード美術館
 協 力:早稲田大学国際教養学部平山廉研究室、久慈琥珀博物館、東京大学理学部遠藤秀紀研究室、
     大阪市立自然史博物館、滋賀県立琵琶湖博物館
 後 援:山梨県教育委員会、北杜市教育委員会、山梨日日新聞社・山梨放送

和歌の披講(及び学芸員による見どころ解説) 開催のお知らせ!

開催日:6/17(土) 15時開演


イベントチラシ

このたび、星と森披講学習会の皆様にご協力頂き、「和歌の披講」を開催します。
出雲路といえば古事記にも登場する日本最初の和歌で、須佐之男命が詠んだ「八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣を」の舞台でもあります。1300年以上の歴史を持つ「和歌」は、はじめは声に出して歌われていました。現在では文字を読むことで鑑賞されていますが、和歌を読み上げ、節をつけて歌い、耳で聞いて鑑賞するのが本来の姿でした。これを「披講」といいます。現在でも毎年1月に皇居において「歌会始」が行われ、全国から応募された和歌や、皇族の和歌が「披講」されています。
今回は、現在開催中の「出雲路古代幻想」展にちなんで、出雲路、シルクロード、八ヶ岳にちなんだ和歌を披講します。14時より開催する「学芸員により見どころ解説」と共にお楽しみ下さい。

 開催日:6/17(土)15時開演(見どころ解説は14時より開催。展示室2にお集まり下さい)
 会 場:平山郁夫シルクロード美術館 1F展示室2
 出 演:星と森披講学習会
 参加費:無料(但し、入館券が必要です)

第1回シルクロード検定 開催!

試験日 2017年9月24日(日)


コンサートチラシ

◆9月24日(日)に東京・大阪で開催、3月よりお申し込み受付開始!

 公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館が主催となり、「第1回シルクロード検定」を2017年9月24日(日)に東京・大阪で開催いたします。検定の運営は、日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:平林彰 略称:日販)が担います。

融合と交流・対話の道であり、人類共同繁栄に重要な貢献をしてきた道「シルクロード」。シルクロード検定は、この道によって築かれた人類共通の文化遺産についての知識・理解を深めるためのもです。扱う歴史は、おおよそ紀元前2世紀~後16世紀、対象となるエリアは主にユーラシア大陸の中緯度地域とし、西は東地中海から東は中国を経て朝鮮半島と日本までを含みます。残された遺産の長年の調査、積み上げられた諸研究の成果を踏まえた検定です。

日本中の人びとのロマンを掻き立てた「NHK特集 シルクロード」(初回放送は1980年)を記憶する方々に、アジアの歴史を学び、アジア諸国との交流に携わる人たちに、そして世界を旅するみなさんにチャレンジしてほいと願っています。

このたび、「シルクロード検定」公式サイト(http://www.kentei-uketsuke.com/silkroad/)を開設いたしました。3月よりお申し込み受付を開始する予定です。書店店頭とWebサイトを使った受験者の募集から、受験者からの問い合わせ対応や受験票の発送、また合否結果発送など、検定運営にまつわる業務全般は日販がサポートして参ります。

シルクロードは、 国際的な交通・交易・交流路であるだけく、人類史的な規模で多様な民族をつなげ、互いにつながることで文化の交流を促し、平和へのこころざしを育ててきた道です。2013 年から文部科学省が展開する「トビタテ!留年JAPAN」。これは学生たちの海外留学を倍増させようとする官民協働のキャンペーですが、シルクロード検定は、こうした機会を通じてユーラシア各地に旅立つ若者たちにも、意義のある検定にして参りたいと考えおます。

【主催】:公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館
【特別協賛】:株式会社ミロク情報サービス
【協賛】:全日本空輸株式会社、JP
【監修】:シルクロード検定実行委員会
【運営】:日本出版販売
【実施日】:2017年9月24日(日)
【実施エリア】:東京・大阪
【実施級・受験料】:2級 5,500円 / 3級 4,400円 / 2級・3級併願割引 8,900円
 ※学割実施予定
【公式サイト】:http://www.kentei-uketsuke.com/silkroad/
【公式テキスト】:2017年春、発売予定。※詳細は公式サイトにて後日発表いたします。

特別展示『天翔る太陽神』

2017年3月11日(土)~未定

展覧会チラシ

◆バーミヤンの壁画を再現
このたび、東京藝術大学よりバーミヤンの東大仏天井壁画を同素材・同質感で再現した壁画をお借りし展示しております。これは、文部科学省と科学技術振興機構が実施するセンター・オブ・イノベーション(COI)プログラムにて研究開発に取り組む東京藝術大学 COI拠点『「感動」を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーション』(プロジェクトリーダー:田村 誠一/(株)JVCケンウッド、研究リーダー:宮廻 正明/東京藝術大学)の成果であるクローン文化財です。1970年代に実施されたバーミヤン遺跡調査資料や三次元計測データを基に、2D、3Dのデジタル技術を用いて画像解像度を高めるとともに、伝統的な模写の技術や芸術家の感性により剥落箇所の図像を復元し、戦乱で失われたバーミヤン東大仏天井壁画を同素材同質感のクローン文化財として再現することに成功されました。
破壊前の様子を知ることの出来る貴重な壁画です。ぜひこの機会にご覧頂ければ幸いです。

企画展『平山郁夫 出雲路古代幻想』

2017年3月11日(土)~7月19日(水)【期間中無休!】


展覧会チラシ

◆2017年春季展覧会

 平山郁夫は「シルクロードの画家」として広く知られていますが、平成に入る頃から、日本の風景をテーマにした作品も数多く制作しています。特に日本中のさまざま街道を訪ね描いた「路」のシリーズは、吉備路、熊野路、讃岐路など、失われゆく日本の美しい自然や歴史を描き残そうとした人気の連作です。なかでも、今回特集する「出雲路」の連作では、当館所蔵の「八雲立つ 出雲路古代幻想」という大作も誕生しました。本展では、この大作が生まれる背景となった「出雲路」のスケッチや素描を軸として、平山郁夫が描き出したみずみずしい日本の風景や、いにしえの日本を描いた作品の数々をご紹介いたします。

【主催】:公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館

過去の展覧会・イベント

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、年末、冬季(1月中旬~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。