最新情報News & Topics

【3月11日(土)より、2017年春展開始!】

3/11(土)より、企画展「平山郁夫 出雲路古代幻想」が始まりました。 本展では、平山郁夫の大作「八雲立つ 出雲路古代幻想」をはじめ、その大作が生まれる背景となった「出雲路」のスケッチや素描を軸として、平山郁夫が描き出し …

→記事を読む
平山郁夫「サイード・ジャマルディーン勲章」伝達式が行われました。

平山郁夫の文化財保護活動の功績が称えられ、アフガニスタンの科学・文化分野の最高勲章「サイード・ジャマルディーン勲章」が、アフガニスタン政府大統領より授与されました。 3月11日(土)14時に開催したシンポジウムにおいて、 …

→記事を読む
アフガニスタン国立博物館にて「アフガニスタン流出文化財帰国展」開催!

2001年アフガニスタンのバーミヤン大石仏破壊をきっかけに、平山郁夫は内戦の混乱の中、アフガニスタンから海外に流出した文化財の保護を国際社会に訴え「流出文化財保護日本委員会」を設立しました。その後102点の文化財を保管し …

→記事を読む
音声ガイドの導入(日本語のナビゲーターは女優の真野響子様)

2016年3月より、音声ガイドの貸出を行います。 言語は、日本語・英語・中国語の三カ国語をご用意致しました。 日本語のナビゲーターは、女優の真野響子さんです。 貸出可能数は25台。貸出料は500円/1台です。※団体による …

→記事を読む

これから開催する展覧会・イベントScheduled Exhibitions

最新情報は、facebook / Twitterでもご確認いただけます

日本画ワークショップ 開催!

体験日 2017年4月15日(土)


イベントチラシ

◆かんたんに日本画を体験してみませんか?
簡単日本画ワークショップ「岳麗の春 -風景を描く-」

■日本画
日本画と呼ばれている絵画の歴史は古く、数千年前にシルクロードから中国や朝鮮半島を経由して日本にもたらされました。シルクロードの遺跡には日本画の源流である壁画がのこっていますが、この絵画技法を継承しているのは日本画だけです。

■日 時:4月15日(土) 13:00ー16:00
■講 師:中沢 明子(画家)
■集合場所:平山郁夫シルクロード美術館入り口
■体験時間:3時間
■体 験 料:2000円※美術館入館料及び西嶋和紙(山梨県身延町)、材料費がふくまれます。
■申込み方法:電話による事前予約(先着順)
■定員:15名

《お申込み・お問合わせ 》 平山郁夫シルクロード美術館 
 〒408-0031 北杜市長坂町小荒間2000-6 ☎0551-32-0225 (担当・中澤)

第1回シルクロード検定 開催!

試験日 2017年9月24日(日)


コンサートチラシ

◆9月24日(日)に東京・大阪で開催、3月よりお申し込み受付開始!

 公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館が主催となり、「第1回シルクロード検定」を2017年9月24日(日)に東京・大阪で開催いたします。検定の運営は、日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:平林彰 略称:日販)が担います。

融合と交流・対話の道であり、人類共同繁栄に重要な貢献をしてきた道「シルクロード」。シルクロード検定は、この道によって築かれた人類共通の文化遺産についての知識・理解を深めるためのもです。扱う歴史は、おおよそ紀元前2世紀~後16世紀、対象となるエリアは主にユーラシア大陸の中緯度地域とし、西は東地中海から東は中国を経て朝鮮半島と日本までを含みます。残された遺産の長年の調査、積み上げられた諸研究の成果を踏まえた検定です。

日本中の人びとのロマンを掻き立てた「NHK特集 シルクロード」(初回放送は1980年)を記憶する方々に、アジアの歴史を学び、アジア諸国との交流に携わる人たちに、そして世界を旅するみなさんにチャレンジしてほいと願っています。

このたび、「シルクロード検定」公式サイト(http://www.kentei-uketsuke.com/silkroad/)を開設いたしました。3月よりお申し込み受付を開始する予定です。書店店頭とWebサイトを使った受験者の募集から、受験者からの問い合わせ対応や受験票の発送、また合否結果発送など、検定運営にまつわる業務全般は日販がサポートして参ります。

シルクロードは、 国際的な交通・交易・交流路であるだけく、人類史的な規模で多様な民族をつなげ、互いにつながることで文化の交流を促し、平和へのこころざしを育ててきた道です。2013 年から文部科学省が展開する「トビタテ!留年JAPAN」。これは学生たちの海外留学を倍増させようとする官民協働のキャンペーですが、シルクロード検定は、こうした機会を通じてユーラシア各地に旅立つ若者たちにも、意義のある検定にして参りたいと考えおます。

【主催】:公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館
【特別協賛】:株式会社ミロク情報サービス
【協賛】:全日本空輸株式会社、JP
【監修】:シルクロード検定実行委員会
【運営】:日本出版販売
【実施日】:2017年9月24日(日)
【実施エリア】:東京・大阪
【実施級・受験料】:2級 5,500円 / 3級 4,400円 / 2級・3級併願割引 8,900円
 ※学割実施予定
【公式サイト】:http://www.kentei-uketsuke.com/silkroad/
【公式テキスト】:2017年春、発売予定。※詳細は公式サイトにて後日発表いたします。

特別展示『天翔る太陽神』

2017年3月11日(土)~未定

展覧会チラシ

◆バーミヤンの壁画を再現
このたび、東京藝術大学よりバーミヤンの東大仏天井壁画を同素材・同質感で再現した壁画をお借りし展示しております。これは、文部科学省と科学技術振興機構が実施するセンター・オブ・イノベーション(COI)プログラムにて研究開発に取り組む東京藝術大学 COI拠点『「感動」を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーション』(プロジェクトリーダー:田村 誠一/(株)JVCケンウッド、研究リーダー:宮廻 正明/東京藝術大学)の成果であるクローン文化財です。1970年代に実施されたバーミヤン遺跡調査資料や三次元計測データを基に、2D、3Dのデジタル技術を用いて画像解像度を高めるとともに、伝統的な模写の技術や芸術家の感性により剥落箇所の図像を復元し、戦乱で失われたバーミヤン東大仏天井壁画を同素材同質感のクローン文化財として再現することに成功されました。
破壊前の様子を知ることの出来る貴重な壁画です。ぜひこの機会にご覧頂ければ幸いです。

企画展『平山郁夫 出雲路古代幻想』

2017年3月11日(土)~7月19日(水)【期間中無休!】


展覧会チラシ

◆2017年春季展覧会

 平山郁夫は「シルクロードの画家」として広く知られていますが、平成に入る頃から、日本の風景をテーマにした作品も数多く制作しています。特に日本中のさまざま街道を訪ね描いた「路」のシリーズは、吉備路、熊野路、讃岐路など、失われゆく日本の美しい自然や歴史を描き残そうとした人気の連作です。なかでも、今回特集する「出雲路」の連作では、当館所蔵の「八雲立つ 出雲路古代幻想」という大作も誕生しました。本展では、この大作が生まれる背景となった「出雲路」のスケッチや素描を軸として、平山郁夫が描き出したみずみずしい日本の風景や、いにしえの日本を描いた作品の数々をご紹介いたします。

【主催】:公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館

過去の展覧会・イベント

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、年末、冬季(1月中旬~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。