現在開催中の展覧会とイベントExhibitions & Events

最新情報は、facebook / Twitterでもご確認いただけます

  • 現在開催中の展覧会・イベント
  • これから開催する展覧会・イベント
  • 過去の展覧会・イベント

3/26~)春夏季企画展「平山郁夫 仏教の来た道-前編-」 開催中!

Book1

日本画家・平山郁夫は、1959(昭和34)年、再興院展に出品した《仏教伝来》(佐久市立近代美術館蔵)が画業の転機となり、この作品をきっかに仏教への関心を深め、特に釈迦を題材とした「仏伝シリーズ」を多く手がけてきました。そして、1968(昭和43)年から仏教をはじめとする日本文化の源流を求め、仏教伝来の道であるシルクロードを旅し、平和を祈りながら終生描き続けました。本展では、平山がこれまでに描いてきた「仏伝シリーズ」に関する作品はじめ、長きにわたるシルクロードの旅の中で描いてきた仏教遺跡、特にガンダーラやバーミヤンなどの作品を中心に展示し、あわせて当地で信仰されてきた仏像などを当館のコレクションから紹介します。

展覧会名「平山郁夫 仏教の来た道-前編-」
会期:2022年3月26日(土)~9月13日(火) ※会期中無休

 

 

release 2022.08.04

7/15~)電動レンタサイクル「COGICOGI北杜」スタート!

IMG_9477

このたび、電動レンタサイクル「COGICOGI北杜」の運用が開始となったのでお知らせします。3段階の電動補助で、坂道も快適に移動ができます。八ヶ岳を満喫するツールとしてぜひご利用ください。

◆期間(実証実験期間):2022年7月15日(金)〜2023年3月31日(金)
※当館は、冬季休館中(12月末~翌3月中旬)は中断します。
◆利用料金:2時間600円~48時間3,500円(利用時間によって異なります)
《ご利用案内》
・美術館の入口(屋外)に設置しています。入館しなくてもご利用いただけます。
・ポート(自転車置き場)は、当館以外に、小淵沢駅(観光案内所)、中村キース・ヘリ ング美術館にもございますが、借りた場所(ポート)へご返却ください。
・事前にスマートフォンを用いて、アプリのインストール及び登録が必要です。
・「電動自転車」です。乗る前に電源の「ON」及び、ハンドルに取付けた液晶画面の「ON」を行ってください。
・「ヘルメット」貸出をご希望の方は、美術館の受付までお声がけください。合わせて「インナーキャップ(使い捨て)」もご利用いただけます。
・鍵の開け閉めは、①携帯電話、②自転車、両方のバッテリーに、充電が無いと行えませんのでご注意ください。
・赤色TSマークの保険に加入しており、傷害保険、賠償責任保険、被害者見舞金が含まれます。https://www.tmt.or.jp/safety/index2.html

COGICOGI北杜をご利用になるお客様は、下記リンク先をご確認の上ご利用ください。
https://cogicogi.jp/smart/port-yamanashi.html

地域の資源となる「文化」「自然」「食」を総合的に体感できる文化観光を、当地域の特色として推進し、「Well-being」(健康、共生、幸福)の価値を実感することができる観光モデルの構築を目指しています。

《事業に関するお問い合わせ》
山梨県観光文化部文化振興・文化財課
担当:文化企画・施設担当 TEL 055-223-1790

release 2022.07.15

絵手紙コンテスト2021「おうちde絵手紙」入賞作品発表!

2021絵手紙_展示パネル2

平山郁夫シルクロード美術館では、日本画並びにシルクロード文化の普及を目的に様々な活動を行っています。その一環として、「絵」と「ことば」による作品を広く募集し、優秀な作品を表彰する「平山郁夫シルクロード美術館絵手紙コンテスト」を実施しています。

第13回目となる昨年度は4つのテーマで作品を募集しました。新型コロナウィルスの影響により、館内での絵手紙スペースを撤去し、それぞれのおうちで制作した作品を募集したところ、319名の方からご応募頂きました。ありがとうございます。平山美知子名誉館長による厳選なる審査を経て入賞作品が決定いたしましたので発表いたします。

 

◆大賞(館長賞) 
岡田 美咲さん

 

◆優秀賞(美術館賞)

《幼児部門》
小口 凛さん

《小学生部門》
浅川 葉南さん
安達 未來さん

《中・高生部門》
中間 菜々子さん
櫻井 奏真さん
荻原 優和さん

《大人部門》
納 正彦さん
津田 恭子さん
丸山 一代さん
ナガッチョさん

以上、11名の方々です。ご入賞おめでとうございます!
入賞作品は、上記画像をクリックするとご覧になれます。
また、下記の期間美術館内にて展示しておりますのでご覧ください。
【展示期間:令和4年5月1日(日)~12月27日(火)】

第14回も募集しております。皆様のご応募を心よりお待ちしております。

 

release 2022.04.29

4/22-4/24)20th_風のマルシェ開催!

marche_vol20

※DMは、上の画像をクリックしてください。

 

《風のマルシェVol.20 -Marché du vent-》

八ヶ岳各地で開催されてきた「風のマルシェ」。
記念すべき第20回目が、当館2Fカフェ「キャラバンサライ」で開催されます。

ここでしか買えない、様々なジャンルのお店が出店する楽しいマルシェ。お気に入りの一品を見つけに来てください。皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

・日程:2022年4月22日(金)、23日(土)、24日(日)
・開催時間:10時~17時(最終日は16時まで)
・会場:平山郁夫シルクロード美術館 2Fカフェ「キャラバンサライ」
・詳細:風のマルシェのFacebook頁をご覧ください。
・入場:無料(美術館に入館する際はチケットが必要です)

※会場へは、美術館入口向かって右側の階段からご来場ください。
※山梨県内で緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が発令された場合は中止とさせて頂きます。

 

出店者は15店舗です。
全日程出店しないお店もありますのでご注意くださいね。

★ametrine.(アメトリン)
セルフケアのためのアロマテラピーと癒しのキャンドル
★amiam (アミアム)
かぎ針編みの帽子や小物
★IGELKOTT(イーゲルコット)
かわいくて使いやすいハンドメイドのバッグ
★jolie saison 29 (ジョリセゾン29)
羊毛フェルトのバッグ、ケース、アクセサリー
★kukul kukka(ククルクッカ)
ドライフラワーと生花のブーケ
(4/23.24出店)
★Lys blanc (リ・ブラン)
暮らしを豊かにするスピリチュアルカウンセリング
(4/23.24出店)
★polkaniko(ポルカニコ)
コットンとリネンで作る着心地の良い服
★SPIRIT(スピリット)
陶器の花器や食器やたまごやお家など
★Urara+(ウララ)
手作り石けん、宝石石けん、香りの雑貨
★Caramelbanana(キャラメルバナナ)
オリジナルのカラフルなアイシングクッキー屋さん
★mame mura coffee(マメムラコーヒー)
自家焙煎コーヒーをハンドドリップで提供
コーヒー豆の販売とその他ドリンク
(4/22.23出店)
★菓子屋ギンガ
ヴィーガン焼き菓子
(4/23.24出店)
★CamelliaNicotea (カメリアニコティー)
スパイスチャイとオリジナルブレンドティー
(4/22.23出店)
★香ル菓子店
焼き菓子と菓子パン
★tel you(テルユウ)
かばん、帽子、エプロンなど
(4/22.23出店)

 

 

release 2022.04.21

4/15~12/27)「おうちde絵手紙2022」を開催!

2022etegami

※募集要項は、上記画像をクリックしてください。

第14回絵手紙コンテスト

《『絵』に『ことば』を書き添えてご応募ください!》

平山郁夫シルクロード美術館では、日本画並びにシルクロード文化の普及を目的に様々な活動を行っています。その一環として、「絵」と「ことば」による作品を広く募集し、優秀な作品を表彰する「平山郁夫シルクロード美術館絵手紙コンテスト」を実施してきました。

第14回を迎える今年は①「〇〇の来た道」、②「世界平和」、③「美術館内で発見したこと」、④「わたしのSDGs」の4テーマで作品を募集します。皆様の応募を心よりお待ちしております。

◆募集期間:2022年4月15日(金)~12月27日(火)まで(当日必着)

◆部門:●幼児部門 ●小学生部門 ●中・高校生部門 ●大人部門

◆テーマ

①〇〇の来た道
シルクロードはシルクだけでなく、さまざまな品物や文化が東西で交易され、各地へ広まっていきました。 日本にも香料・野菜や果物・仏像・絵画の画法など、、、。あなたの周りでシルクロードから伝わってきたものを探して教えてください。
②世界平和
平山郁夫は自身の戦争体験から平和を願い作品を描いてきました。日本でも報道されているように、ウクライナで軍事行動が開始され、子どもや民間人を含めた多くの犠牲者が出て情勢は著しく悪化しています。あなたの考える世界の平和について教えてください。
③美術館内で発見したこと
美術館内で見つけたもの、考えた事、あなたのお気に入りを「ことば」と共に描いて教えてください。
④わたしのSDGs
国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けて、身近なことや社会で見つけた取組を教えてください。

応募方法
宛名面のあいている部分に「住所」・「名前」・「ふりがな」・「電話番号」・「部門」、学生の場合は学校名を記入してください。
○作品規定:63円切手にて郵送可能なもの
○提出方法:美術館に直接提出、もしくは郵送してください。
○宛先:408-0031 山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6 平山郁夫シルクロード美術館行

●賞
・大賞(館長賞)   ・・・・総部門 1点  表彰状および記念品
・優秀賞(美術館賞)・・・ ・各部門 1点 計4点 表彰状および記念品
※審査結果は選考が終わり次第、受賞者本人または学校宛(授業で参加の場合)に通知します。

●表彰式
2023年度中に開催する企画展の初日に式典を行い表彰式を行います(日時未定)。
但し、表彰式における会場までの旅費は各自の負担になりますので、あらかじめご了承下さい。

●その他
・応募作品の返却はいたしません。
・応募作品の2次使用権は当館に帰属します。

《Infomation》

新型コロナウィルス感染症対策の為、美術館内における「絵手紙コーナー」を一時的に休止しております。絵はがき(西島和紙)をご希望の方は受付までお声がけください(無料)。

(参加例)

・お家で描いて、郵送で提出。
・ご自分の鉛筆等で館内にて描く。
・団体(学校等)による参加。

release 2022.04.15

追悼 平山郁夫特別展示 「平山郁夫 最期の風景」

展示室5にて継続展示中!

平山郁夫

現代日本画壇を代表する画家であり、財団法人平山郁夫シルクロード美術館理事長であった平山郁夫は、平成21年12月2日、永眠いたしました。享年79歳でした。
当美術館では故人を偲び、最期の生命の波動を伝える一室を継続して設けます。平山郁夫は病室とアトリエを往復する生活の中で、死の直前まで懸命に制作に取り組んでおりました。
次回の春の院展の準備として病室で描いた窓越しのスケッチ、 アトリエに残された下図、日常の画材などを展示し、平山郁夫の最期の時間と風景を皆様にお伝えしたいと思います。

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、年末、冬季(1月中旬~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。