美術館からのお知らせMuseum News & Topics

◆~3/8)現在、冬季休館中です。

今年度は、下記の期間が冬季休館となります。
2018年12月28日(金)~2019年3月8日(金)

3月9日(土)からは、「平山郁夫 没後10周年記念 群青の世界」展を開催致します。

どうぞよろしくお願い致します。

release 2019.01.29

3/9)北杜高校ギター部演奏会 開催!

2019_hokutokoko_m

今年で6回目となる、北杜高校ギター部による演奏会を開催します。

ギター部1、2年生の奏でる音楽を、平山絵画と共にお楽しみ下さい。

◇日 時:2019年3月9日(土)  10:30開場 / 11:00開演

※2019春展「平山郁夫 没後10周年記念 群青の世界」の初日です。

◇会 場:平山郁夫シルクロード美術館 2F 展示室6

◇入 場 料:無料 ※受付にてコンサート参加の旨をお申し出下さい。10時~12時まで無料で入館出来ます。

◇お申し込み:不要 ※お席は全席自由席

release 2019.01.28

◆満員御礼◆ 於:鎌倉市)2/9_第9回シルクロード研究会の開催

2018年度シルクロード研究会資料

 

※本企画は満員御礼となりました。

このたび、第9回目となるシルクロード研究会を鎌倉市にある平山郁夫のアトリエ(庫庵)にて開催致します。

今回は、第7回・8回の反響に応えて、再び檜山智美氏(京都大学白眉センター 人文科学研究所)をお迎えし、ご自身の研究テーマである「キジル壁画に見られる連珠文(仮)」という内容でお話頂きます。ご講演いただく講師の先生のテーマに合わせ、第9回では平山コレクションの中からキジル壁画断片や、連珠文に関するコレクション、特に染織作品を数点ご紹介し、鑑賞していただきます。

なお、当研究会では、日本画家・平山郁夫が数多くの大作を生み出したアトリエ(庫庵)において開催いたします。研究会終了後は、しばしご歓談をお楽しみいただき、平山画伯が生前親しんだ茶室「寂静庵」もご覧いただきます。

写真:左)赤地猪頭円文刺繍/6世紀/絹/刺繍/中央アジア ソグド

写真:右)壁画断片 テーヴァダッタ/7~8世紀/漆喰彩色/中国新疆ウイグル自治区・キジル石窟

 

期日:2019年2月9日(土) 13:30~16:00

場所:鎌倉市二階堂120-15 平山郁夫シルクロード美術館・アトリエ庫庵(平山郁夫アトリエ)

参加費:3,500円/一人(賛助会員は3,000円) 参加費は当日会場にてお支払い下さい。

 

・申込:参加希望の方は、お電話またはFAXにてお申し込み下さい。

(申込対数の場合は、先着順で受付させていただきます)

〒248-0002 鎌倉市二階堂120-15 平山郁夫シルクロード美術館 事務局 担当:喜安

 Tel.0467-25-0251 / Fax.0467-61-3435

 

交通のご案内

◆JR鎌倉駅よりバスご利用の場合

鎌倉駅東口 京急バス(鎌・20)大塔宮行きにて終点「大塔宮」下車 徒歩5分

◆JR鎌倉駅よりタクシーご利用の場合

鎌倉宮=大塔宮(だいとうのみや)前を右折、鎌倉宮カントリーテニスクラブ入り口前まで

※駐車場はございませんので、公共交通機関でご来場ください。

release 2019.01.04

3/24)第2回シルクロード検定 開催!

2th_silkroadkentei

 

今年3月に開催された「第1回シルクロード検定」に続き、来年3月に「第2回シルクロード検定」が開催されます。融合と交流・対話の道であり、人類の共同繁栄に重要な貢献をしてきた道「シルクロード」。「シルクロード検定」は、この道によって築かれた人類共通の文化遺産についての知識・理解を深めるためのものです。扱う歴史は、おおよそ紀元前2世紀~後16世紀、対象となるエリアは、主にユーラシア大陸の中緯度地域とし、西は東地中海から東は中国を経て朝鮮半島と日本までを含みます。残された遺産の長年の調査、積み上げられた諸研究の成果を踏まえた検定です。

 

・試験日:2019年3月24日(日)

・試験レベル:3級「シルクロードを学ぶ」 / 2級「シルクロードを楽しむ」

・出題形式:マークシート形式(四者択一方式) 各80問

・試験時間:各60分

・会場:東京/大阪

・受験料:3級4,400円 / 2級5,500円 / 3級・2級併願割引8,900円

※学生割引 3級3,400円 / 2級4,500円 / 3級・2級併願7,500円

※全て税込

 

◆公式テキスト発売

2019年1月に公式テキスト「まとめて学び直す シルクロードの世界」が発売されます。

・・・収載項目数:約500件、造本仕様:A5版・並製・総ページ384(内カラー16)、予定本体価格:3,500円

 

◆公式サイト:https://www.kentei-uketsuke.com/silkroad/

◆主催:シルクロード検定実行委員会

◆協力:公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館

◆運営:日本出版販売株式会社

◆特別協賛:MJS(株式会社ミロク情報サービス)

◆協賛:ANA

◆後援:公益財団法人 文化財保護・藝術研究助成財団、社団法人 日本旅行業協会

◆特別協力:提供大学

release 2018.12.18

3/9~)2019年春 没後10年記念展 開催!

9014

企画展「平山郁夫 没後10周年記念 群青の世界」開催!

会期:2019年3月9日(土)~9月10日(火)

 

日本画家、平山郁夫が2009年12月に逝去し、早くも10年の歳月が経とうとしています。

平山郁夫は、日本文化の源流を求め、仏教伝来の道でもあるシルクロードをくまなく旅し、平和をテーマとした数々の名作を残した戦後の日本画壇を代表する画家です。

また、画業のかたわら、敦煌やアンコールワット、バーミヤンなど危機に瀕した世界各地の文化財保護活動にも尽力し、ユネスコ親善大使などを歴任し、79歳の生涯を駆け抜けました。

2019年3月から、平山郁夫シルクロード美術館では、没後10年の節目にあわせ、その画業を振り返り、これまで展示していなかった秘蔵品や、月刊誌の表紙絵、制作資料などを織り交ぜながら、平山郁夫のいまだ知られざる絵画世界を紹介します。

 

◆平山郁夫 没後10年記念展

<前編> 群青の世界:3月9日(土)-9月10日(火)

<後編> 悠久の旅路:9月14日(土)-12月27日(金)

※会期中は無休。 9月11日(水)-14日(金)は展示替えの為休館します。

release 2018.12.10

追悼 平山郁夫特別展示 「平山郁夫 最期の風景」

展示室5にて継続展示中!

平山郁夫

現代日本画壇を代表する画家であり、財団法人平山郁夫シルクロード美術館理事長であった平山郁夫は、平成21年12月2日、永眠いたしました。享年79歳でした。
当美術館では故人を偲び、最期の生命の波動を伝える一室を継続して設けます。平山郁夫は病室とアトリエを往復する生活の中で、死の直前まで懸命に制作に取り組んでおりました。
次回の春の院展の準備として病室で描いた窓越しのスケッチ、 アトリエに残された下図、日常の画材などを展示し、平山郁夫の最期の時間と風景を皆様にお伝えしたいと思います。

これまでのお知らせ

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、冬季(年末~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。