美術館からのお知らせMuseum News & Topics

絵手紙コンテスト2021「おうちde絵手紙」入賞作品発表!

2021絵手紙_展示パネル2

平山郁夫シルクロード美術館では、日本画並びにシルクロード文化の普及を目的に様々な活動を行っています。その一環として、「絵」と「ことば」による作品を広く募集し、優秀な作品を表彰する「平山郁夫シルクロード美術館絵手紙コンテスト」を実施しています。

第13回目となる昨年度は4つのテーマで作品を募集しました。新型コロナウィルスの影響により、館内での絵手紙スペースを撤去し、それぞれのおうちで制作した作品を募集したところ、319名の方からご応募頂きました。ありがとうございます。平山美知子名誉館長による厳選なる審査を経て入賞作品が決定いたしましたので発表いたします。

 

◆大賞(館長賞) 
岡田 美咲さん

 

◆優秀賞(美術館賞)

《幼児部門》
小口 凛さん

《小学生部門》
浅川 葉南さん
安達 未來さん

《中・高生部門》
中間 菜々子さん
櫻井 奏真さん
荻原 優和さん

《大人部門》
納 正彦さん
津田 恭子さん
丸山 一代さん
ナガッチョさん

以上、11名の方々です。ご入賞おめでとうございます!
入賞作品は、上記画像をクリックするとご覧になれます。
また、下記の期間美術館内にて展示しておりますのでご覧ください。
【展示期間:令和4年5月1日(日)~12月27日(火)】

第14回も募集しております。皆様のご応募を心よりお待ちしております。

 

release 2022.04.29

4/15~12/27)「おうちde絵手紙2022」を開催!

2022etegami

※募集要項は、上記画像をクリックしてください。

第14回絵手紙コンテスト

《『絵』に『ことば』を書き添えてご応募ください!》

平山郁夫シルクロード美術館では、日本画並びにシルクロード文化の普及を目的に様々な活動を行っています。その一環として、「絵」と「ことば」による作品を広く募集し、優秀な作品を表彰する「平山郁夫シルクロード美術館絵手紙コンテスト」を実施してきました。

第14回を迎える今年は①「〇〇の来た道」、②「世界平和」、③「美術館内で発見したこと」、④「わたしのSDGs」の4テーマで作品を募集します。皆様の応募を心よりお待ちしております。

◆募集期間:2022年4月15日(金)~12月27日(火)まで(当日必着)

◆部門:●幼児部門 ●小学生部門 ●中・高校生部門 ●大人部門

◆テーマ

①〇〇の来た道
シルクロードはシルクだけでなく、さまざまな品物や文化が東西で交易され、各地へ広まっていきました。 日本にも香料・野菜や果物・仏像・絵画の画法など、、、。あなたの周りでシルクロードから伝わってきたものを探して教えてください。
②世界平和
平山郁夫は自身の戦争体験から平和を願い作品を描いてきました。日本でも報道されているように、ウクライナで軍事行動が開始され、子どもや民間人を含めた多くの犠牲者が出て情勢は著しく悪化しています。あなたの考える世界の平和について教えてください。
③美術館内で発見したこと
美術館内で見つけたもの、考えた事、あなたのお気に入りを「ことば」と共に描いて教えてください。
④わたしのSDGs
国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けて、身近なことや社会で見つけた取組を教えてください。

応募方法
宛名面のあいている部分に「住所」・「名前」・「ふりがな」・「電話番号」・「部門」、学生の場合は学校名を記入してください。
○作品規定:63円切手にて郵送可能なもの
○提出方法:美術館に直接提出、もしくは郵送してください。
○宛先:408-0031 山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6 平山郁夫シルクロード美術館行

●賞
・大賞(館長賞)   ・・・・総部門 1点  表彰状および記念品
・優秀賞(美術館賞)・・・ ・各部門 1点 計4点 表彰状および記念品
※審査結果は選考が終わり次第、受賞者本人または学校宛(授業で参加の場合)に通知します。

●表彰式
2023年度中に開催する企画展の初日に式典を行い表彰式を行います(日時未定)。
但し、表彰式における会場までの旅費は各自の負担になりますので、あらかじめご了承下さい。

●その他
・応募作品の返却はいたしません。
・応募作品の2次使用権は当館に帰属します。

《Infomation》

新型コロナウィルス感染症対策の為、美術館内における「絵手紙コーナー」を一時的に休止しております。絵はがき(西島和紙)をご希望の方は受付までお声がけください(無料)。

(参加例)

・お家で描いて、郵送で提出。
・ご自分の鉛筆等で館内にて描く。
・団体(学校等)による参加。

release 2022.04.15

3/26~)みのるコレクション展示

1M_弥勒菩薩立像3-4世紀

2022年春から開催する企画展「平山郁夫 仏教の来た道-前編-」において、北杜市教育委員会が所蔵する「みのるコレクション」の仏像シリーズを初公開します。日本のベッドメーカーである、フランスベッド株式会社の創業者・池田實(1920-1999)氏が収集された146点の美術品の一部は、これまで白州総合支所の一角で展示されていました。今回、そのコレクションの一部を当館で展示する機会を得、それを記念して、上記コレクションの中からガンダーラ仏を中心に展示します。

弥勒菩薩立像 3-4世紀 北杜市教育委員会蔵

release 2022.03.24

3/18~)レストラン亜絲花 2022年営業開始!

美術館に隣接するレストラン亜絲花の、2022年の営業が3月18日(金)からはじまりました。

フレンチの巨匠、東敬司のもとシェ・アズマで10年修行し、ブルターニュ、リヨンで地方料理を学び、銀座ブション・ドール、東京都内レストランでシェフ経験を経て八ヶ岳へ移住した藁谷和紀シェフの料理をお楽しみください。

 

・営業時間 11:30-15:00、17:30-22:00

・定休日:水曜日、木曜日

・ご予約:0551-32-6838

・HP:https://www.ashihana.net/

・Instagram:https://www.instagram.com/restaurant_ashihana/

 

《店名「亜絲花(あしはな)」という名は》

・・・アジア(亜細亜)の「亜」、シルクロード(絲綢之路)の「絲」という文字を当て、東欧の喫茶(人が集う場所)を意味する「チャイハナ」を合わせて作られた造語です。

release 2022.03.18

ご報告)清華大学芸術博物館(北京)における展覧会!

640ガラス展 

3月1日、清華大学芸術博物館(北京)にて、無事、シルクロードのガラス展、日中国交正常化50周年記念展「異彩粉呈」の開幕式が行われました(展示は1月25日より公開されていましたが、開幕式はコロナの影響により、延期されていました)。
式典には、在中日本大使館から志水史雄公使(日本驻华大使馆特命全权公使)がご臨席下さり、当館の代表理事、青柳正規東京大学名誉教授によるビデオメッセージが配信されました。この困難な時期に、両国の国交正常化50周年を記念する展覧会とその開幕式がつつがなく行われたことに、そして、本展に関わって下さったすべての関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。
写真と展覧会紹介の動画です

release 2022.03.14

追悼 平山郁夫特別展示 「平山郁夫 最期の風景」

展示室5にて継続展示中!

平山郁夫

現代日本画壇を代表する画家であり、財団法人平山郁夫シルクロード美術館理事長であった平山郁夫は、平成21年12月2日、永眠いたしました。享年79歳でした。
当美術館では故人を偲び、最期の生命の波動を伝える一室を継続して設けます。平山郁夫は病室とアトリエを往復する生活の中で、死の直前まで懸命に制作に取り組んでおりました。
次回の春の院展の準備として病室で描いた窓越しのスケッチ、 アトリエに残された下図、日常の画材などを展示し、平山郁夫の最期の時間と風景を皆様にお伝えしたいと思います。

これまでのお知らせ

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、年末、冬季(1月中旬~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。