美術館からのお知らせMuseum News & Topics

8/3、8/4)復元画ワークショップ

関連③

化石発掘体験<関連企画-③> 復元画ワークショップ 中学生以下対象

恐竜の頭骨の図版を元に、復元画を描くワークショップを開催します。頭骨はティラノサウルス、トリケラトプス、アロサウルスの3種類から選んでもらうことができます。復元画を描くには骨格を正しく知ることがもっとも大切です。頭骨の図版を丁寧にトレースするところから始めて、最後は肉と皮膚のついた生き生きとした姿に復元します。これは僕が実際に仕事で使っている方法なので、プロのやり方をぜひ、体験してみてください。

◆講師:小田隆(大阪芸術大学准教授、成安造形大学客員教授)

◆日時:①8月3日(土)、②8月4日(日) 共に13:00~ 15:00

◆集合(体験会場):美術館2Fカフェ内特設会場

◆体験料:1,500円(筆記用具等をご持参下さい)※定員20/先着順

◇申込み方法:美術館まで電話にてお申し込み下さい。 Tel.0551-32-0225

◇申込期間:5月7日(火)~7月5日(金)

release 2019.04.29

8/18)恐竜全身復元模型製作

関連②

化石発掘体験<関連企画-②> 恐竜全身復元模型製作 小学4年生以上対象

ティラノサウルス骨格模型に粘土で肉付けを行います。

◆講師:徳川広和(古生物復元造形作家)

◆日時:8月18日(日)13:00~16:30(3時間半)

◆集合(体験会場):美術館2Fカフェ内特設会場

◆体験料:3,000円(高校生以上は3,500円/入館料込み)※定員16/先着順

◇申込み方法:美術館まで電話にてお申し込み下さい。 Tel.0551-32-0225

◇申込期間:5月7日(火)~7月5日(金)

release

8/17、8/18)ティラノサウルス頭部復元模型製作

関連①

化石発掘体験<関連企画-①> ティラノサウルス頭部復元模型製作 小学生以上対象

恐竜復元画の専門家、また研究者の監修の元に製作されたフェバリット社・ホネケシ・ティラノサウルスにカラー粘土で肉付けし、復元模型製作を体験します。

◆講師:徳川広和(古生物復元造形作家)

◆日時:①8月17日(土)13:00~ / ②8月18日(日)10:00~(共に1時間半)

◆集合(体験会場):美術館2Fカフェ内特設会場

◆体験料:2,000円(高校生以上は2,500円/入館料込み)※定員20/先着順

◇申込み方法:美術館まで電話にてお申し込み下さい。 Tel.0551-32-0225

◇申込期間:5月7日(火)~7月5日(金)

release

7/13~9/1)徳川広和・立体でよみがえる古代生物の世界展 開催!

2019_HP用素材-003

化石発掘体験2019に関連し、「徳川広和・立体でよみがえる古代生物の世界」展を開催します。

ぜひこの機会に、徳川広和先生が復元した恐竜や古生物の造形世界をお楽しみ下さい。

◆期間:7月13日(土)~9月1日(日)

◆会場:美術館 2Fカフェ「キャラバンサライ」内

◆観覧料:美術館の入館と共通券で観覧できます。また化石発掘体験参加者は無料で観覧できます。

 

徳川 広和(とくがわひろかず)-プロフィール
古生物復元造形作家・パレオアーティスト。1973年生まれ。学術的な考証と造形作品としての魅力の融合を目指し、国内外の古生物学会等にも積極的に参加。造形作品は丹波竜化石工房、京都大学総合博物館等の国内施設だけでなく、スウェーデン・ウプサラ大学進化博物館の常設展示に採用。また『恐竜の復元』(学研)、『恐竜ポプラディア大図鑑・恐竜』(ポプラ社)等の書籍多数に掲載。『世界の恐竜MAP』(エクスナレッジ)等では恐竜・古生物イラストを担当。作品製作だけでなく恐竜・古生物の復元に関するワークショップ・講演等の活動も行っている。日本古生物学会、古脊椎動物学会員、きしわだ自然資料館特別専門員。

release

『化石発掘体験2019』 参加者募集! 5/7~申込開始!

2019_HP用素材-001

《お知らせ》 

 ①申込み方法がTelからWebに変わります!!

 ②チラシは上記画像をクリックするとダウンロードできます。

 

『化石発掘体験2019』 参加者募集!

【早稲田大学国際教養学部平山廉教授が岩手県久慈市で調査中の地層を特別搬入!】

2016年より大好評をいただいている化石発掘体験をさらにスケールアップして実施します。早稲田大学が2012年より発掘調査を行っている岩手県久慈市より約9千万年前(中生代白亜紀)の地層を美術館に運んで化石や琥珀を探してもらいます。昨年の化石発掘体験では恐竜(ハドロサウルス類)やワニ、サメの歯、カメの甲羅、それにコプロライト(糞の化石)など200点を超える「プレミア化石」が見つかりました。中には新種になりそうな動物もありました。久慈では、ティラノサウルス類の化石が見つかりました!今年はどんな化石が皆さんを待っているでしょうか?今から楽しみです!!
なお、プレミア化石を見つけた場合は貴重な資料となるため、岩手県久慈市に寄贈して頂きます。その代わり、発見者には素敵な化石を進呈!

・開催日:7/13(土)~7/14(日)プレ開催、7/20(土)~8/4(日)
※木曜日(7/25、8/1)はお休み
・時間:①10時30分~、②13時~、③15時~
・定員:各回40名(土・日は50名)
・内容:各回約1時間15分、はじめ10分はレクチャー
・持ち物:軍手、日よけのための帽子、飲み物
・講師:平山廉(早稲田大学教授)、大倉正敏(久慈で恐竜・竜脚類の歯を初めて発見された国内屈指の化石ハンター)、鵜野光(早稲田大学招聘研究員) ※講師は体験日によって異なります。
・場所:平山郁夫シルクロード美術館 屋上らくだ公園 ※雨天決行(北杜市長坂町小荒間2000-6 JR小海線甲斐小泉駅前)
・体験料:一般:1,200円(美術館の入館券込)、中学生以下:500円 中学生以下美術館入館無料

 

◆申込期間:5月7日(火)~7月5日(金)
◆申込み方法:化石発掘体験2019専用サイトよりご応募下さい(ただ今準備中。当館HPからリンクをはります)。

 

・主催:公益財団法人 平山郁夫シルクロード美術館
・協力:早稲田大学国際教養学部平山廉研究室、久慈琥珀博物館
・後援:山梨県教育委員会、北杜市教育委員会、山梨日日新聞社・山梨放送

release 2019.04.20

追悼 平山郁夫特別展示 「平山郁夫 最期の風景」

展示室5にて継続展示中!

平山郁夫

現代日本画壇を代表する画家であり、財団法人平山郁夫シルクロード美術館理事長であった平山郁夫は、平成21年12月2日、永眠いたしました。享年79歳でした。
当美術館では故人を偲び、最期の生命の波動を伝える一室を継続して設けます。平山郁夫は病室とアトリエを往復する生活の中で、死の直前まで懸命に制作に取り組んでおりました。
次回の春の院展の準備として病室で描いた窓越しのスケッチ、 アトリエに残された下図、日常の画材などを展示し、平山郁夫の最期の時間と風景を皆様にお伝えしたいと思います。

これまでのお知らせ

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、冬季(年末~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。