美術館からのお知らせMuseum News & Topics

7/13~9/1)徳川広和・立体でよみがえる古代生物の世界展 開催!

2019_HP用素材-003

化石発掘体験2019に関連し、「徳川広和・立体でよみがえる古代生物の世界」展を開催します。

ぜひこの機会に、徳川広和先生が復元した恐竜や古生物の造形世界をお楽しみ下さい。

◆期間:7月13日(土)~9月1日(日)

◆会場:美術館 2Fカフェ「キャラバンサライ」内

◆観覧料:美術館の入館と共通券で観覧できます。また化石発掘体験参加者は無料で観覧できます。

 

徳川 広和(とくがわひろかず)-プロフィール
古生物復元造形作家・パレオアーティスト。1973年生まれ。学術的な考証と造形作品としての魅力の融合を目指し、国内外の古生物学会等にも積極的に参加。造形作品は丹波竜化石工房、京都大学総合博物館等の国内施設だけでなく、スウェーデン・ウプサラ大学進化博物館の常設展示に採用。また『恐竜の復元』(学研)、『恐竜ポプラディア大図鑑・恐竜』(ポプラ社)等の書籍多数に掲載。『世界の恐竜MAP』(エクスナレッジ)等では恐竜・古生物イラストを担当。作品製作だけでなく恐竜・古生物の復元に関するワークショップ・講演等の活動も行っている。日本古生物学会、古脊椎動物学会員、きしわだ自然資料館特別専門員。

release 2019.04.29

3/1)レストラン亜絲花 2019営業Start!

Ver12_20190228文字入り

 

美術館に併設しているレストラン「亜絲花」の2019年の営業が3月1日(金)よりスタートしました。ランチでは、世界三大料理の一つ「トルコ料理」をお楽しみ頂け、夜は気軽なフレンチレストランです。美術館にて鑑賞後、レストラン亜絲花でくつろぎのひと時をお過ごし下さい。

《ランチ》 ※2019年3月1日現在のメニューです。

1.1,000円 ワンプレートランチ

①シシ・ケバブ、②サバサンド、③小エビときのこのココット焼き、④トルコのメゼ 盛り合わせ

2.1,500円 Dejeunerランチ(ミニ前菜4種盛り+メイン料理3種より選択)

①ニジマスのムニエル、②牛肉と白インゲン豆のトマト煮、③トルコの臓物のスープ

 

《Restaurant亜絲花》 Tel.0551-32-6835

ランチTime 11:00~15:00(L.O.14:30)、ディナーTime 17:30~22:00(L.O.21:00)

休み:水曜夜、木曜定休(冬季休業有り)、美術館から徒歩2分!JR甲斐小泉駅前。

release 2019.03.01

3/9~)没後10年記念展 開催中!

西域の馬

企画展「平山郁夫 没後10周年記念 前編 群青の世界」開催!

会期:2019年3月9日(土)~9月10日(火)

 

日本画家、平山郁夫が2009年12月に逝去し、早くも10年の歳月が経とうとしています。

平山郁夫は、日本文化の源流を求め、仏教伝来の道でもあるシルクロードをくまなく旅し、平和をテーマとした数々の名作を残した戦後の日本画壇を代表する画家です。

また、画業のかたわら、敦煌やアンコールワット、バーミヤンなど危機に瀕した世界各地の文化財保護活動にも尽力し、ユネスコ親善大使などを歴任し、79歳の生涯を駆け抜けました。

2019年3月から、平山郁夫シルクロード美術館では、没後10年の節目にあわせ、その画業を振り返り、これまで展示していなかった秘蔵品や、月刊誌の表紙絵、制作資料などを織り交ぜながら、平山郁夫のいまだ知られざる絵画世界を紹介します。

 

◆平山郁夫 没後10年記念展

<前編> 群青の世界:3月9日(土)-9月10日(火)

<後編> 悠久の旅路:9月14日(土)-12月27日(金)

※会期中は無休。 9月11日(水)-13日(金)は展示替えの為休館します。

release 2018.12.10

館内における写真撮影の決まりが変わりました!

当館では平成29年5月1日(月)より、館内における写真撮影の決まりが変わりました。
平山郁夫絵画の撮影も許可することとなり、当館が所蔵する作品については、全面的に撮影が可能です。

ただし、他のお客様のご迷惑になる行為はお断りしております。
フラッシュや三脚の使用、動画の撮影はできません。
また、他の美術館等から借用した作品(「撮影禁止」マーク貼付の作品)の撮影はできませんのでご了承下さい。

release 2017.05.09

追悼 平山郁夫特別展示 「平山郁夫 最期の風景」

展示室5にて継続展示中!

平山郁夫

現代日本画壇を代表する画家であり、財団法人平山郁夫シルクロード美術館理事長であった平山郁夫は、平成21年12月2日、永眠いたしました。享年79歳でした。
当美術館では故人を偲び、最期の生命の波動を伝える一室を継続して設けます。平山郁夫は病室とアトリエを往復する生活の中で、死の直前まで懸命に制作に取り組んでおりました。
次回の春の院展の準備として病室で描いた窓越しのスケッチ、 アトリエに残された下図、日常の画材などを展示し、平山郁夫の最期の時間と風景を皆様にお伝えしたいと思います。

これまでのお知らせ

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、冬季(年末~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。