美術館からのお知らせMuseum News & Topics

営業再開に関するお知らせ(5/16・17営業、5/23~通常営業)

平山郁夫シルクロード美術館は、5月5日(火)の山梨県知事による休業要請緩和の発表を受け、ここに博物館等の文化施設が含まれていることを鑑み、適切な感染予防対策の徹底を行いながら、下記の通り当美術館の営業を再開することにします。

5月16日(土)から土日のみ営業を再開(10:00~17:00/最終入館は16:30)

5月16日(土)、17日(日)は開館し、平日は休館となります。

 

また、5月23日(土)より、通常営業とし、平日も営業いたします。

なお通常営業を予定しておりますが、今後の状況を鑑みつつ、順次、ホームページやFacebook等でお知らせします。

 

なお、美術館に隣接したレストラン「亜絲花」は営業しております。

テイクアウトもできますので是非ご利用ください。詳しくは亜絲花のFacebookをご確認ください。

 

release 2020.05.07

「おうちde絵手紙」 第12回絵手紙コンテスト開催!

絵手紙コンテスト募集要項2020_2-001

平山郁夫シルクロード美術館では、日本画並びにシルクロード文化の普及を目的に様々な活動を行っています。その一環として、「絵」と「ことば」による作品を広く募集し、優秀な作品を表彰する「平山郁夫シルクロード美術館絵手紙コンテスト」を実施してきました。第12回を迎える今年は①「おうちdeシルクロード」②「自然を描こう」③「シルクロードのいきもの」の3テーマで作品を募集します。なお、「募集要項」は、画像をクリックするとダウンロードすることができます。
皆様の応募を心よりお待ちしております。

◆募集期間:2020年4月24日(金)~12月27日(日)まで(当日必着)

◆部門:●幼児部門 ●小学生部門 ●中・高校生部門 ●大人部門

◆テーマ
①おうち de シルクロード
私たちがいつも食べているものの中には、シルクロードを通って日本に伝わったものが沢山あります。右記「シルクロードの食べ物メモ」を参考に何かないか探してみましょう。
②自然を描こう
2020年度の美術館の展覧会のテーマは「日本の風景」。お家から見える風景、散歩時に気づいた素敵な景色。美しい自然を題材に日本の風景を描いてみましょう。

③空想のいきもの
シルクロード各地の物語には、空想のいきものが沢山登場します。お気に入りの一匹を描いてみましょう。(例)龍、鳳凰、麒麟(きりん)、ペガサス、ユニコーン、スフィンクス、ケンタウロス、トリトーン、etc。

◆応募方法:宛名面のあいている部分に「住所」・「名前」・「ふりがな」・「電話番号」・「部門」、学生の場合は学校名を記入してください。

◆作品規定:63円切手にて郵送可能なもの

◆提出方法:美術館に直接提出、もしくは郵送してください。

◆賞:大賞(館長賞)・・・総部門1点(表彰状および記念品)
優秀賞(美術館賞)・・・各部門1点 計4点(表彰状および記念品)
※審査結果は選考が終わり次第、受賞者本人または学校宛(授業で参加の場合)に通知します。

◆表彰式:2021年度中に開催する企画展の初日に式典を行い表彰式を行います(日時未定)。但し、表彰式における会場までの旅費は各自の負担になりますので、あらかじめご了承下さい。

◆その他:応募作品の返却はいたしません。また、応募作品の2次使用権は当館に帰属します。

◆応募・お問い合わせ先:平山郁夫シルクロード美術館
〒408-0031 山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
tel.0551-32-0225 / fax.0551-32-0226(担当/松山・大塚)

release 2020.04.24

4/18)みどころ解説 中止のお知らせ

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、4月18日(土)に予定していたみどころ解説(ギャラリートーク)を中止とさせていただきます。その他イベント等も、状況により予告なく予定を変更する場合がございますので、ご来館前に当館ウェブサイトをご確認いただきますようお願いいたします。

release 2020.04.01

館内における写真撮影の決まりが変わりました!

当館では平成29年5月1日(月)より、館内における写真撮影の決まりが変わりました。
平山郁夫絵画の撮影も許可することとなり、当館が所蔵する作品については、全面的に撮影が可能です。

ただし、他のお客様のご迷惑になる行為はお断りしております。
フラッシュや三脚の使用、動画の撮影はできません。
また、他の美術館等から借用した作品(「撮影禁止」マーク貼付の作品)の撮影はできませんのでご了承下さい。

release 2017.05.09

追悼 平山郁夫特別展示 「平山郁夫 最期の風景」

展示室5にて継続展示中!

平山郁夫

現代日本画壇を代表する画家であり、財団法人平山郁夫シルクロード美術館理事長であった平山郁夫は、平成21年12月2日、永眠いたしました。享年79歳でした。
当美術館では故人を偲び、最期の生命の波動を伝える一室を継続して設けます。平山郁夫は病室とアトリエを往復する生活の中で、死の直前まで懸命に制作に取り組んでおりました。
次回の春の院展の準備として病室で描いた窓越しのスケッチ、 アトリエに残された下図、日常の画材などを展示し、平山郁夫の最期の時間と風景を皆様にお伝えしたいと思います。

これまでのお知らせ

外観

中央高速道路「小淵沢」インターより約10分 JR小海線「甲斐小泉」駅前すぐ JR中央線「小淵沢」駅より車で10分。

・開館時間
10:00~17:00(入館16:30まで)
・休館日
展示替え期間、年末、冬季(1月中旬~3月中旬)。詳しい日程はお問い合わせ下さい。